院長ブログ

2016年4月13日 水曜日

肛門がおかしいのか?

肛門が何かおかしい?と思っている方はかなり多いのではないでしょうか。
当院では痔(いぼ痔、切れ痔、あな痔)の日帰り手術を行っています。痔の手術と聞くと「怖いし痛い」と考える方が多いと思います。
でも今は痛み止めの薬や手術の方法が進歩していてほとんどの痔(内痔核、外痔核、痔瘻、肛門周囲膿膿瘍など)は日帰りで手術することができます。もし日帰りで手術が困難であれば当院では関連専門病院をご紹介しています。開院して5年目になりますが日帰りで困難であった方(他施設にお願いした方)は数人です。

それは手術技術の研鑽と麻酔方法の工夫(サドルブロックという下半身だけを麻痺させる麻酔と手術中は完全に眠って頂く静脈麻酔)および術前と術後の細やかな処方によるものです。近年では内痔核に対するジオン注射療法(ALTA療法)が広まりほぼ脱肛に近い方も注射だけで治すことができるようになっています。

当院では開院から工夫を続けてジオン注射、手術治療の努力を続けています。そのため近隣の方はもとより遠方の方も来院して頂いています。肛門とは非常にデリケートな場所です。切りすぎないよう、残さないよう、でも日帰りで手術が済み、術後も痛みのないように工夫をしています。

「もしかして痔かもしれない。」「なんだか便をすると出血する。」「便をするとお尻が痛い。」「排便後お尻がなぜか痒い」「違和感がある」「何か出てくるものがある。」などと感じる方はご相談下さい。
解決法を探し治療させて頂きます。

内痔核、外痔核、痔瘻、肛門周囲膿瘍のほかにも肛門の病気はいろいろあります。当院の特色としてはいろいろな病気(高血圧、糖尿病、高脂血症その他日常の病気にとどまらず肛門治療に専念しています。

来院をお待ちしております。

投稿者 いけだクリニック | 記事URL

2014年11月14日 金曜日

切れ痔で困っている方に。

切れ痔で困っている方は多いのではないでしょうか。便が固くて便をするたび肛門が切れる感じがする、出血がある、または固い便でもないし普通の便なのに排便時に肛門が痛いなど。「切れ痔」とは正式には「裂肛」といいます。便で肛門が切れてしまうことです。
便秘がちでたまにいきみすぎて切れて血が出て、しばらく痛みが治まらないのは「急性裂肛」といい、便を柔らかくすることと軟膏を肛門に注入することで薬で治ります。しかし、いつも、便をするたびに肛門が切れて同じ場所が痛い方は要注意です。それは「慢性裂肛」の状態になっています。慢性裂肛は手術が必要な場合がほとんどです。
自分で肛門の状態を判断できる方はいないと思います。当院では日帰りで慢性裂肛の手術に取り組んでいます。
慢性裂肛になっている方は①肛門の全体の面積が少ない。②肛門を締める筋肉がきつい。③肛門そのものが狭い。3つの理由が考えられます。
では、どのようにそれを解決するのか?様々な方法が行われてきましたが、現在では肛門を締める筋肉を少し切り適正な閉まり具合にして肛門の皮膚を肛門の中にスライドさせる皮膚弁移動術(SSG:Sliding Skin Graft)という方法が最適かと考えられています。

当院では開院以来、内痔核に対するジオン硬化療法、痔核根治術、痔瘻根治術など全て日帰りで行えるよう工夫し、現在はSSGを積極的に行っています。

排便するたびにいつも痛い、血が出るなど切れ痔でお困りの方は是非当院にいらして下さい。
手術の適応とその方法についてきちんと説明させて頂きます。昔に痔の手術を受けてから便が出づらくなった方にも行えます。
来院お待ちしております

投稿者 いけだクリニック | 記事URL

2014年9月 3日 水曜日

痔でお困りではありませんか。

当院もこの9月をもって開院して3年と3か月目を迎えました。開院当初は内痔核(内側のイボ痔)に対するジオン治療法(硬化療法:ALTA療法)を始め、だんだん患者様に来て頂けるようになり、現在では神奈川県や埼玉県を始め東京都の各所から患者様にも来て頂いております。当院のポリシーとしては①日帰り手術であること②術前の説明に時間をかけること③術後の痛みのコントロールをきちんとすること、に留意しています。

現在では脊椎麻酔(サドルブロック法:2~3時間だけ下半身に麻酔をかける方法)と完全に眠ってしまう静脈麻酔(プロポフォールという薬を持続注入します)で寝ている間に痛みなく手術する方法を用いています。
おかげさまで内痔核のジオン治療だけではなく、外痔核、脱肛、裂肛(切れ痔)、痔瘻、肛門周囲膿瘍の治療も行っています。

皆様はご存じないかもしれませんが、肛門手術の90%は日帰りでできるのです。当然、クリニックという入院施設がない場合に対応ができない場合は入院できる専門病院を紹介させて頂いています。

千葉県にある全国有数の症例数を誇る東葛辻中病院の柏の葉病院の先生(実は大学の同級生です。)に来てもらい手術してもらったり、手術法を指導して頂いております。
東京都荒川区にある有名な荒川肛門外科病院に手術見学にも出向いて自分なりに創意工夫を続けています。

保存的治療(薬で治る)ではだめなのか、手術が必要なのかについてもきちんとお話しさせて頂いています。
当院のある東京都北区の浮間だけではなく浮間舟渡、赤羽、王子、神谷、岩淵、東十条にとどまらず埼玉県では戸田、戸田公園、大宮、宮原などからも患者様に来て頂いております。

日帰りでもこれだけの手術ができるのか、と皆様に思って頂けるよう埼京線の北赤羽の浮間口で皆様の来院をお待ちしています。

投稿者 いけだクリニック | 記事URL

2014年3月 5日 水曜日

痔の日帰り手術に奮闘中です。

JR埼京線(快速が止まらないのが寂しいですが)の北赤羽駅の浮間口前にクリニックを開院してもう少しで2年9ヶ月経過いたしました。慢性疾患の患者様だけでなく肛門疾患(イボ痔:内痔核、外痔核、穴痔:痔瘻、切れ痔:裂肛、肛門がかゆい:肛門掻痒症)など多くの患者様に来院頂いております。開院当初は内痔核に対するジオン硬化療法(ALTA療法)や輪ゴムでの結紮治療が多かったのですが、インターネットで検索して頂いているのか、様々な場所から患者様が訪れて下さるようになりました。時の流れにより、今は麻酔方法を変えた(静脈麻酔+脊椎麻酔)ため、ほぼ全身麻酔に近い状態で手術を行っているため、様々な肛門疾患の患者様の日帰り手術に奮闘しています。外痔核は手術で同時に内痔核のある方は(手術+ジオン療法)を、慢性裂肛、肛門掻痒症(肛門皮垂や内痔核が原因であることが多いです。)の患者様にもきちんとした治療を行えていると考えています。

局所麻酔から初めて、自分なりの工夫をいろいろ加えることにより現在では他の専門施設にお願いすることなく、日帰り手術で治療可能です。実は肛門(痔核、裂肛、痔瘻、肛門周囲膿瘍など)の病気は私は8~9割は日帰りで手術可能と考えています。
ただし、当然、肛門外科クリニックでは治療できず、幾日も入院しなければいけない治療もあることは否めません。

ただ、その判断をするのも自分の役目だと思っていますし、紹介して、大きな施設でしかできない手術をしていただくよう手配するのも私の仕事です。

肛門を医者に診てもらうことに抵抗を感じる気持ちはよく分かります。当院では、手術は休憩時間に行うため、他の患者様にあうことはありません。会計も別な場所で行うことが多いので人の眼に触れることもありません。

北区はもちろんのこと、板橋区、中央区、文京区、千代田区、埼玉県では川口、戸田、浦和、神奈川県、千葉県からもいらして頂いています。それは歴史は浅いもののクリニックでの日帰り手術(もしくは日帰りの処置)に工夫を凝らし、痛みの少ない様、嫌な思いをして頂かないよう日々努力しているからではないかと考えております。

どうぞ今まで自分で市販薬でしのいできた方や何か気になると思うかたは気軽に来院して下さい。
きちんと治療方法を説明させて頂き、フォローアップさせて頂きます。
来院されるようお待ちしております。

投稿者 いけだクリニック | 記事URL

2013年11月20日 水曜日

当院の肛門疾患の手術について

秋がなく冬に突入した感じです。北区北赤羽の浮間に開業して2年半経過しました。多くの肛門疾患の患者様に来院して頂いています。今回はホームページには載っていない手術の話を書きます。手術は全て日帰りで行っています。麻酔はサドルブロックという腰から下の麻酔で背中から細い針を刺して行います。2時間ほど効きます。手術中はプロポフォールという睡眠薬で寝て頂くので、痛みは背中の麻酔の局所麻酔と点滴をとるときくらいです。だいたいの方は安全を考えてお迎えに来て頂く方も多いですが、自分で歩いて帰る方も少なくありません。
今まで記したことはないですが、おそらく皆様は治療費についての心配もあるのではないでしょうか。
今回は肛門疾患(といっても痔がメインですが)の手術費について記載致します。
すべて初診料+診察料+術前検査料を合計した治療費です。(症例ごとに多少の差額は発生しますことはご容赦下さい。)

①ジオン硬化療法(別名:ALTA療法):内痔核に対する硬化療法ですが¥25000程です。
②内外痔核(ジオン硬化療法+痔核根治手術):¥45000ぐらいです。
③外痔核根治術:¥35000ぐらいです。

ただ、ジオンは使用量に従い、薬剤料がかかり値段が上がるので多少上下するのはご容赦ください。

よく、排便時に痔核が出てくるけど、指で自分で戻している方、排便時に痔核の脱出を自覚している方はご自分で市販薬でやり過ごさず、是非、ご来院下さい。虫歯とは違いますが早めの治療はやはり経済的にも負担が減ることは間違いないです。当院では無理のない痛みの少ない手術を行っています。

当院は内痔核治療法研究会にもジオン治療施設として認定を頂いております。また、手術も多くこなしています。内痔核、外痔核だけでなく、肛門周囲膿瘍、痔瘻、裂肛など(これらはよほどのことがない限り痔核手術より高くなることはありません。)術後の痛みにはきちんと痛み止めを含め内服薬をお出ししますので心配いりません。
通常は午後1時半より手術開始し5時半~にお帰り頂いています。
ご自分で悩むより是非、当クリニックにいらして下さい。
来院お待ちしております。

投稿者 いけだクリニック | 記事URL

アクセス


■住所:
〒 115-0051
東京都北区浮間3-1-52 河野メディカルビル1・2F
■最寄駅:
JR埼京線 北赤羽駅(浮間口)
■診療時間:
【平日】9:00~12:00 ,15:00~19:00
【土曜日】9:00~13:00
※水曜日午後は手術優先日です。
通常の診療は休診させて頂きます。
■休診日:日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら