HOME > 痔の種類

痔の種類

痔ってどんな症状があるの?

排便時の出血、痛み、イボ、腫(は)れ、肛門からの出てきてしまうのが主なものです。
ほかに肛門付近にかゆみを覚える、下着によく汚れがつく、肛門が収縮して便が出にくくなったなど
痔といっても様々な症状があります。
いつ頃から症状が出ているのか、またどのような生活習慣、食習慣を送っていたかを問診することで、ほとんどの痔に対して診断を進めていくことができます。

痔の種類について

痔の種類は、いぼのように腫れてしまう「いぼ痔(痔核)」、肛門付近の皮膚が切れる「きれ痔(裂肛)」、肛門に膿のトンネルができてしまう「痔ろう」。主にこの3種類に分けられています。
現在、痔は生活習慣病に分類されるほど多くの人が悩んでいるというのが現場です。

イボ痔

痔に悩んでいる患者様の中でも最も割合が多いのがいぼ痔です。
肛門周辺の粘膜の下には、肛門を閉じる働きをするクッションのような部分があります。
肛門への負担が重なると、クッションのような部分が引き伸ばされてしまいます。大きくなったあとに、出血をしたり肛門の外にクッション部分が出てしまうというものです。これが痔核(いぼ痔)です。
痔核には出来る場所で呼び名が変わり、直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核の2つがあります。
また、内痔核が大きくなり脱出するようになると、外痔核を伴って内外痔核という状態になることもあります。

外痔核

スポーツなどで生じる肛門皮下の静脈のうっ血による血栓や血種で、歯状線より下の部分にいぼ状にふくらんだもの。
強い痛みを伴います。さらに血栓性の静脈炎を併発すると激痛を感じるようになります。
指で硬いしこりとして触れることができます。
腹圧のかかる仕事、スポーツ、妊娠、出産、冷え、刺激性食品の摂りすぎなどに、便秘が重なるとなりやすいです。
スポーツを行ってる人に起こりやすいです。

切れ痔(裂肛)

便秘や下痢などで便の排泄時に無理に通過した為に、肛門の切れてしまうものを切れ痔(裂肛)といいます。
主な症状としては、排便時に紙に血がつくような出血や痛みを伴います。
切れ痔が慢性化してしまうと傷口が潰瘍状になり、痛みがより増したり、排便後も痛みが続くようになることがあります。

痔ろう

直腸と肛門の間で菌が感染して炎症をおこすものです。
また、周囲に膿がでてしまうのを肛門周囲膿瘍といいます。
他の痔とは違い痔ろう薬での治療は難しいです。基本、手術をすることをすすめています。
さらに、症状が悪化すると、化膿し、膿がたまった状態になります。

痔の症状の注意点

痔の症状は、誰にでも経験したことがあると思います。
たとえば、下着が汚れるなどの症状は、痔ろうが考えられますが、
中にはクローン病という大腸の炎症が併発している可能性もあり、クローン病は治りにくいという難点もあります。
肛門からの出血など、一般的な痔の症状でも実は潰瘍性大腸炎や大腸癌、直腸癌だったということもあります。
とくに大腸癌、直腸癌だった場合は見落とすと大変なことになります。
痔だと思っていたのに、違う病気だったことは十分にあり、内視鏡検査でやっと発見できるものもあります。
ただの痔だと思わずに、まずはご相談ください。

みんなの痔の悩みQ&A みんなの痔の悩みQ&A
アクセス


■住所:
〒 115-0051
東京都北区浮間3-1-52 河野メディカルビル1・2F
■最寄駅:
JR埼京線 北赤羽駅(浮間口)
■診療時間:
【平日】9:00~12:00 ,15:00~19:00
【土曜日】9:00~13:00
※水曜日午後は手術優先日です。
通常の診療は休診させて頂きます。
■休診日:日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら