HOME > ジオン注射

ジオン注射 について

ジオン注入は切らない最新の治療です

ジオン注射法とは

痔を切ることなく治療する最新の注射療法『ジオン注』について
ジオン注(ALTA注、四段階注射法)という注射剤を使用して、脱出を伴ったり、普段から出ている状態になっているいぼ痔にたいして、薬を注射することで治療を日帰りで行えるものです。
ジオン注射治療を行えるのは、内痔核治療法研究会が認定している専門医だけが施術することができます。

ジオン注射治療の方法
局所麻酔または仙骨硬膜外麻酔を行った後、4段階注射法といって上極部粘膜下層、中央部粘膜下層、中央部粘膜固有層、下極部粘膜下層に分割してジオンを局所注射していきます。
ジオン注射治療の作用
主成分の硫酸アルミニウムカリウムが、痔核に炎症、線維化が起こします。もう一つの成分のタンニン酸が、硫酸アルミニウムカリウムによる炎症を抑える働きをし、組織障害を防ぎます。
ジオン注射治療の実施
従来だと手術が必要だった脱出を伴う内痔核の一部が、ジオン注射治療が実施されるようになったことが大きな特徴です。しかし、ジオン注射治療ですべてを治せるというわけでも、手術での治療がなくなるわけでもありません。手術とジオン治療のどっちで治療するかは診断結果や、痔の状況によって異なるので、その時に判断します。
ジオン注射治療後の注意点
ジオン治療の強みは入院いらずの日帰りですが、治療後2日間は自宅での安静をとるようにしてください。治療の際に注入された硫酸アルミニウムカリウムは尿から排泄されますので、しっかりとした水分補給をし、尿をたくさん出すことが必要です。また無理にいきんだり、すぐ社会復帰をするなどで再発する可能性もありますので、治療後の安静、水分補給は徹底しましょう。
ジオン注射治療の副作用
注射部位の痛み、腫れ、発熱の他に、肛門部が重たく感じるとういうような副作用があります。

ジオン注射法の特徴

「脱出を伴う内痔核」いわゆる「イボ痔」にジオン注を注射して痔に流れ込む血液の量を減らすことで、痔を硬化させ粘膜に固定させる治療法です。
痔核(イボ痔)を切り取る手術と違って、痛みを感じにくい部分に注射をしますので、傷口からの出血や傷口が傷むというようなことはありません。よって治療期間の短縮を見込むことが出来ます。
ジオン注射治療は保険の適用が可能です。

主に使われる薬として
硫酸アルミニウムカリウム水和物 … 痔の症状を改善させます。
タンニン酸 … 硫酸アルミニウムカリウム水和物の働きを適度に抑える効果があります。

ジオン注射法の流れ

治療の前にはまず肛門周辺に麻酔をします。それからジオン注を投与します。
治療内容は、ひとつの痔核に対して4段階注射法により分割して注射を行う治療法です。

注射終了後は点滴をしばらくの間続け、麻酔の効果がなくなるまでは安静にしていただきます。

治療費用について

詳しい費用については、当院にご連絡下さい。
おおよその費用は下記の記載に参考にして下さい。

ジオン注射療法  
3割負担 15,000円前後
ご予約はこちら
アクセス


■住所:
〒 115-0051
東京都北区浮間3-1-52 河野メディカルビル1・2F
■最寄駅:
JR埼京線 北赤羽駅(浮間口)
■診療時間:
【平日】9:00~12:00 ,15:00~19:00
【土曜日】9:00~13:00
※水曜日午後は手術優先日です。
通常の診療は休診させて頂きます。
■休診日:日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら